やさしいニュース

独自)関電社長 社内ビデオで「徹底的に究明」

関西電力経営陣らの不透明な金品受け取り問題。
経営責任を問う声も強まる中、岩根社長は社内向けビデオメッセージで改めて辞任を否定しました。

岩根社長ビデオメッセージ「皆さんが少しでも今の業務に専心できる状態に戻るため、私として何ができるか考え、
身を尽くしていきたいと思っています。」

これはテレビ大阪が先ほど入手した、岩根社長から関電社員やグループ会社へ向けたビデオメッセージです。

この中で岩根社長は改めて辞任を否定し、再発防止に努めるとしました。

岩根社長ビデオメッセージ「本件の原因を徹底的に究明し膿を出し、しっかりとした再発防止策を講じていきます」

しかし、こうした中、関電の監査役が今年6月の株主総会前には一連の問題を把握し、経営陣の対応に疑問を投げかけていたことが新たにわかりました。

関電の筆頭株主の大阪市・松井市長は…

松井市長「あまりにも金額が大きい贈答品の問題について監査役が把握していたとなれば、それを報告しないのは監査としての役割を担えていないということになる。」

そしてこちらは関電の企業報告書です。
岩根社長はCSR・企業の社会的責任を推進する部門のトップを務めていました。
その下で関電の企業統治が機能不全に陥っていた実態が浮き彫りになった形です。
こうした状況に関電社員は…

関電社員「会社としてはCSRもしっかりやっていると、そういう部署はきちんと作っているが、中身といいますか、委員になっている方々がうまく動いていない。正直ショックでしたね。」

大阪・関西のニュース