やさしいニュース

消費税増税、大手は独自で集客

消費税増税による客離れを防ごうとあの手この手の集客合戦が始まっています。

外食チェーン大手の吉野家では、10月1日の増税のタイミングで客層拡大に向け全品10%オフのキャンペーンを始めました。

昼食時には店の外にまで客が並ぶ光景も…【客インタビュー】
「ちょうど増税分の10%割引だから助かる」「ほかの企業さんもこうした努力をして欲しい」「また来たい」

このキャンペーンは軽減税率8%のテイクアウトにも適用され、今月15日まで実施されます。

 

スーツ販売大手の「洋服の青山」でも増税前より安い価格で販売をスタート。

【記者リポ】「このスーツ前の値段より2万も安くなっています」

なんと以前の価格よりほとんどのスーツは2万円引き、シャツも1000円引き、全体の8割の商品が2割から5割安くなっています。
そのわけは、
【担当者インタビュー】価格がややこしかった
これまで大手スーツ販売店ではクーポンによる値引きがありましたが、元の価格を安くして消費者に割安感を感じてもらうが狙いです。

【客インタビュー】「安くなって嬉しい」

 

あべのハルカス・近鉄本店では、自社のカード会員に対して最大で25%割引するキャンペーンを実施。

一部ブランドは除きますがほとんどの商品を割引対象にして、集客を図っています。

【担当者】「こちらの振袖は25%オフなので74万8000円が56万円になります」

ほかにも、これからの時期に必要になる毛布や寝具類が20%オフ。

食器コーナーも20%オフ。こちらの女性は、ガラス製の時計を衝動買いしたといいます。

【客インタビュー】「(増税前に)駆け込まなくてよかったわ~ラッキー」

【担当者】「9月と10月を比べてみても増税後は客足少ない。だからこういう割引をしたり、催事を10月以降に持ってきて集客を狙っています」
このキャンペーン明日までということです。

 

大阪・関西のニュース