やさしいニュース

また…留置場のブザー切れていた

大阪府警管内の警察署でまた、失態です。

大阪府警城東警察署の留置場でことし7月

弁護士などが容疑者と会う部屋に入るドアの開け閉めを知らせるブザーのスイッチが

切れていたことがわかりました。

 

これは当時留置管理担当だった警察官が禁止されているスマートフォンを

留置場に持ち込んでいた件の調査の過程で発覚したものです。

スイッチが切られた経緯は不明ということです。

 

大阪府警では去年8月、樋田淳也被告が

富田林警察署から逃走した事件で

留置場のブザーの電池が抜かれていたことが問題となったばかりです。

大阪・関西のニュース