やさしいニュース

関電 7月から電力料金を値下げ

関西電力は28日、7月からの電気料金の値下げを経済産業省に届けました。

【関西電力 岩根茂樹社長】「7月1日より電気料金の値下げをすることにいたしました」

東日本大震災のあと2度目となる今回の値下げでは、家庭向けで4.03%
企業向けなどを含めた全体の平均では5.36%で、7月1日から行われます。
これは、福井県にある大飯原発3号機と4号機が再稼動し
990億円の燃料費が削減できた事などによるものです。

平均的な一般家庭で料金は1カ月でおよそ240円安くなるという事です。

【関西電力 岩尾茂樹社長】
「大飯原発3・4号機の再稼働した燃料費のメリット相当はお客様にお返ししたい。
資源の乏しい日本において、優れたバランスのある電源構成は重要」

大阪・関西のニュース