秋色の理由

2015年11月17日

秋の色には、ちゃんとワケがあります。

例えば、紅葉。

01

朝晩の冷え込みが強まってくると、
葉に含まれるアントシアンなどの
色素が多くなるため色づきが始まります。

写真は兵庫県三田市の三田谷公園にある
モミジバフウです。

02

同じ種類の木でも
グラデーションになっていたり、
色がまちまちなのはなぜでしょう?

赤いのは、日光がよく当たって色素が濃くなったのです。

黄色の葉は、赤い所と比べ日光があまり当たらなかったからです。

また、池や川など水辺にあると
適度な湿度があるため
綺麗に色づきます。

03

モミジバフウは
手のひらと同じくらい大きい葉です。
 
 
04

さらにこちらは秋のバラ。

05

バラは春と秋の年に2回咲く花です。

春に咲く時より大きさは小ぶりですが、
秋のバラの方が花びらの色が濃く、鮮やか。

香りも濃厚になるようです。

06

写真は堺市の浜寺公園で、
見頃はあと10日ほどです。

色濃く醸し出す、秋の風情。

ちょっと違った目線で見てみても
楽しそうです。

お天気キャスター 堀 奈津子