真夜中ドラマ「ハイポジ 1986年、二度目の青春。」

毎週土曜深夜放送

ストーリー

第六話「ガラスのジェネレーション」

あらすじ

さつき(黒崎レイナ)の祖母の喫茶店でバイトをすることになった光彦(今井悠貴)。二人の距離も急接近かと思ったが、高校時代の幸子(鈴木絢音)のことも気になり始め…。
バイトからの帰り道、下妻(山中崇)に偶然あった光彦は、下妻にカラオケスナックへ連れて行かれる。そこで声をかけてきた46歳の光彦(柳憂怜)と同い年の人妻(島田桃依)と盛り上がり、ホテルへ行った光彦。人妻の“毎日がつまらなくて”という言葉に、光彦は妻となった幸子(いしのようこ)との結婚生活を思い出し、まともに幸子と向き合ってこなかった自分を悔やむ。高校の教室では、幸子は光彦のことが気になっていると思った丸尾(めがね)と馬場(伊島空)が、光彦を誘ってダブルデートをしようと計画する。一方、光彦はさつきの祖母(小柳友貴美)から、さつきをデートに誘ってほしいと持ち掛けられる。

挿入歌

  • ♪栞のテーマ/サザンオールスターズ
  • ♪人にやさしく/THE BLUE HEARTS
  • ♪恋におちて -Fall in love-/小林明子
  • ♪-3℃/ゆうゆ(岩井由紀子)
  • ♪ガラスのジェネレーション/佐野元春