2020年11月30日(月)『心が落ち着く場所』

どこか自然豊かな場所でリフレッシュしたいなぁと思い
東大阪市の生駒山麓にある河内国一之宮 枚岡(ひらおか)神社へ。
最寄り駅の改札を出て数分歩くと、大きな鳥居があらわれます。



その歴史は古く、初代天皇の神武天皇が即位される3年前にできた神社なのだとか。
調べると、今から2683年も前に建てられたことになります。




手水所には神鹿が、参道には“なで鹿”も。
案内によると、鹿で有名な奈良の春日大社は、
枚岡神社の祭神である天児屋根神(あめのこやねのみこと)、
比売御神(ひめみかみ)両神が分祀して創建されたそうです。



珍しいおみくじを発見。花園ラグビー場がすぐそばにあるんですね。



この日は拝殿から山道を40分ほど登って、神津嶽本宮(かみつだけほんぐう)まで行ってきました。
山道はほとんど人とすれ違うこともなく、とても神聖な空気が漂う場所でした。




この時期人混みは避けたいし、遠出しにくい状況ではありますが
大阪の中心部から電車で30〜40分ほどのところに、こんなにも静かで心落ち着く場所があるんですね。
新型コロナウイルスの感染防止策を徹底しつつ、心身を上手に整えて
これから訪れる本格的な冬を乗り越えていきましょう。