2021年6月18日(金)『スポーツ中継の準備』

今週末19日(土)は、
系列局・テレビせとうちでサッカー実況を担当します。
新型コロナウイルスの影響もあり、
予定されていた別のスポーツ中継が延期となったため、今年度初めての実況。
少しでも良い中継に出来れば…と
今は準備しています。



作成している資料の一部です。
このように、作った選手のデータをまとめていくのですが、
放送席のスペースは限られていますし、
何より、目の前で起こったことを「見て、喋り、聞く」ことが大切です。
アナウンサーの先輩に話を聞くと
「資料の1割も出せれば良い方」とも言います。

過去の対戦成績、今シーズンの戦い方、選手のデータ、状態、
サッカーであれば、それぞれのチームのフォーメーションや狙いなどなど、
調べることはたくさんありますが、
頭の中でしっかり整理していきます。
目の前で起こっているプレーを表現するために…

さあ、もうひと踏ん張り頑張るぞ!

ファジアーノ岡山×FC琉球
6月19日(土)午後6時58分〜
解説:加地亮さん(元日本代表) MC:東條麻依子アナウンサー(テレビせとうち)

岡山、香川にお住まいの方はご覧いただけます。
また、試合の情報や選手のインタビューなどは、
下記、ホームページからご覧いただけます。
https://www.webtsc.com/prog/tsc-fagiano/

加地さん、東條アナウンサー、
そして岡山の皆さん、
どうぞよろしくお願いします。

2021年6月14日(月)『さすがの勝負強さ!』

8日(火)のプロ野球中継・日本ハム対阪神戦
みなさんご覧いただけましたでしょうか。
私は、リポーターと試合後のヒーローインタビューを担当しました。

試合はと言うと…
今季最長4時間12分の激闘、
最後に決めたのは原口文仁選手でした。

勝負強いバッティングが持ち味。
これまでの何度もチームの窮地を一振りで救ってきた原口選手。

試合後のヒーローインタビューでは、
「最高の場面でゲームに出させてもらって、
もちろん緊張はあったんですが、思い切っていこうと思っていた。
打った後、塁上でベンチを見た時みんなが凄く興奮していたので、
僕もつられてしまいました」と殊勲の一打を振り返ってくれました。

以前、原口選手に取材した時に印象的だったのが、「準備面の大切さ」です。
相手の継投パターン、打順の巡り合わせ、試合の流れ、起用されるタイミング などなど、
あらゆることを想定して、
何度も何度もベンチ裏で、素振りを繰り返し、イメージを作っていくそうです。
想像もつかない緊張感の中、「結果を残せる」秘訣の一部をのぞかせて頂きました。

ちなみに…
ヒーローインタビューを行うアナウンサーは、
すぐにグランドレベルに降りられるよう、
放送席や記者席から離れた場所で、モニターを見ながら戦況を確認します。
今回は、北海道での中継だったため、
スタッフの皆さんも、ほとんどが日本ハムを応援されているのですが、
原口選手が打った瞬間、興奮した私は、
「おっしゃー!!」と大きな声が出てしまい、
少し浮いてしまいました。

2021年6月2日(水)『これからも宜しく!』

以前、ブログでも紹介した愛犬「ケン」が、
先日5歳になり、
実家では、誕生日会が行われたようです。

昔は、人見知りが激しく
全く懐かなかったケン。
今では、「降りて」というまで膝の上に居座るケン。
このコロナ禍で、家族にたくさんの癒しをもたらしてくれています。

そんな、ケンの写真が姉から届いたのですが…
何だろう…この絶妙な顔(笑)

愛嬌たっぷりな表情で、
これからもたくさんの癒しを届けてね(笑)