2021年1月20日(水)『アナウンス部 勉強会』

先週の日曜日で
阪神・淡路大震災が起きてから26年になりました。

このような状況のため、
神戸には行かず、テレビの前から
午前5時46分に祈りを捧げました。

ニュースを見ていると、
「被災した商店街でも災害当時を知る人が少なくなっている」
「いつか忘れられるんじゃないか、そして忘れたころにまた震災が来て、教訓を生かせないのではないか、とても不安です」
という声が聞かれました。

私ができることは、
発信する立場にいる人間としてしっかりと当時を知り、
被災した経験を話してくださる人たちの言葉や思いをきちんと受け止め、
後世に繋いでいくことだと思っています。
毎年この日を迎えるたびに、気が引き締まります。

テレビ大阪のアナウンス部では、
毎月、様々なテーマを決めて勉強会を行っています。
今月は、『災害訓練』。
災害が起きた際にどう呼びかけるか、どの情報から伝えるのが大切かなどを
全員で意見を出し合いながら話し合っています。

アナウンサー1年目の時に先輩に言われた
「災害報道は、人の命がかかっている。
災害が起きた時に、的確な情報、身を守る方法をあなたがきちんと伝えることで
助かる命が必ずある。ということは、その逆もあって、
あなたが正しく伝えられなかったら命が危険にさらされることもある。
日ごろから準備をしておきなさい」
という言葉を今でも鮮明に覚えています。

南海トラフ地震を含め、自然災害はいつ起こるかわかりません。
できる準備はしっかりとしておきたい。
今日も災害訓練をアナウンス部で行う予定です。

厳しい寒さが続いていますが、
みなさんもどうぞ体調にお気を付けください!

2021年1月14日(木)『一撃に賭けた男たち』

先週からはじまりました「お墓から見たニッポン SEASON3」!!
今回もTKOの木本さんと一緒にMCを担当しました。



今回のテーマは、『一撃に賭けた男たち』ということで
無謀とも思える戦いに向かった歴史上の人物のお墓を取り上げます!
そして、お墓の“祀り方”から当時その人物たちを庶民はどのように見ていたのかも紐解いていきます。

先週8日に放送したSEASON3 第一回の登場人物は「源義経」。
お墓は、妻・静御前と並んで兵庫県淡路市にありました。

亡くなってすぐは、幕府の目もあり、お墓を建てられなかったものの
鎌倉幕府が滅びて、南北朝時代になってから
地元の人々によって「宝篋印塔」(ほうきょういんとう)が建てられたと思われるということです。

お墓の形も時代によって特徴があるそうで、
今回も千葉商科大学の朽木量教授が詳しく教えてくださいました。
前回の放送は、テレビ大阪のYouTubeからご覧になれますので、ぜひ!
https://www.youtube.com/watch?v=ylG9FOdk8Cg&feature=youtu.be

この番組を担当していて毎回感じるのは、
一つ一つのお墓に、建てられた時代の特徴が色んな形で表れていて、
参り方には、当時の人々の思いが詰まっているということです。
そして、先祖を思う気持ちは今も昔も変わらずお墓を通して続いているんだなと
私もきちんとお墓参りをしようという気持ちになります。

さて、あす放送の第二回の主人公は
『真田信繁』です。
歴史上の偉人の中でも特に人気がある人物ではないでしょうか!!

私の出身地・和歌山にお墓があるということで訪ねてきました。
墓マイラーのカジポン・マルコ・残月さんも
大興奮!!
ソウルトークにも力が入っていました。

そして、今回紹介する庶民のお墓は
亡くなった年齢で埋められる場所の位置が変わる!?
ということで当時を知る地元の方にもお話を伺っています。

お墓から見たニッポン SEASON3」は、
あす(1月15日)夕方5時22分からです。
ぜひご覧ください!

2021年1月7日(木)『健康を願って』

みなさま
年始の挨拶が遅くなってしまいましたが、
あけましておめでとうございます。

いつもとは違う年の始まりとなりましたが、
明けない夜はない、そう信じて、
今年も
わかりやすく やさしく ニュースを伝えていきますので
どうぞよろしくお願い致します。

そして、
今日は1月7日ということで、
早起きをして七草粥を作りました。



実家に住んでいたころは
母が毎年作ってくれていたのですが、
親元を離れてから仕事始めで慌ただしく過ごしてしまい
食べるのを忘れてしまっていました…

ですが、このような状況だからこそ
今年はきちんと食べようと思い
改めて母に七草の意味を電話で教えてもらいながら
健康を願い作りました。

朝から冷え込みが厳しかったですが、
温かいおかゆは、身も心も温かくしてくれました(*^^*)
(お正月に食べ過ぎて弱った胃も休まりました笑)

さあ、元気にニュースの準備を始めます!!

夕方4時44分からの
やさしいニュース」を担当しますので、
ぜひご覧ください。