2021年9月24日(金)『新しい旅の形』


この夏は、カレー作りに何度か挑戦しました。題して、なべのサマーベジ(野菜)カレー。サマーベジカレーに欠かせないのが、ズッキーニ!最近、道の駅でよく見かけるので、いろいろ模索しています。色は、緑色だけでなく、黄色のものもあるようで。中には、まあるいズッキーニなんてのも、あるんですね〜。

ズッキーニのこと、はじめは西洋のきゅうり?と思っていましたが、調べてみると、ウリ科ではあるものの、カボチャの仲間だそうで。花を見てみたら、確かに、カボチャに似てます。キュウリやウリのように、背が高いわけでなく、実(み)は足元、地面に近いところから、ニョキって感じにできるのは、驚きです!驚きと言えば、ナスにも色々違いがありました!緑に、なんと白いナスも!!



サマーベジカレーのポイントは、煮込み用とトッピング用の両方をタイミングよく、調理すること。そんな中私の興味は、緑や白いナスがどんな具合に仕上がるか・・・だったのですが、残念ながら火を通すと、緑も白も違いが判らなくなってしまいました(笑)



さて、色とりどりの野菜を私たちに届けてくれる「道の駅」は、まさに食のワンダーランド!

この「道の駅」に、最近ホテルが併設されるようになりました。世界でホテルビジネスを展開するマリオット・インターナショナルと積水ハウスが運営しています。マリオット・インターナショナルの日本担当、カール・ハドソンさんが話していました。日本を訪れた外国人のお客さん。京都や大阪などの主要な観光地の次は、海や山に恵まれた地方を目指すんだそうです。今は道路標識にもローマ字表記が増え、カーナビも充実しているので、外国からの観光客でも車の運転がしやすくなったとのこと。


このホテルには、レストランはありません。「道の駅」のイートインを利用したり、食材を買い求めたりして地元の食材を堪能してもらおう…というコンセプトです。いまはコロナ禍で、海外からの旅行者は望めませんが、来るべき時期に備え、ホテル業界では着々と備えを進めているようです。



「道の駅」ユーザーの私としては、お安く泊まれるもっと簡易な施設でもよいのですが、日本の地方にたくさん人が行き来して、その日にとれた地元の野菜や果物、海の幸をいただく…とても魅力的です。旅のバリエーションが増えそうですね!

2021年9月13日(月)『心残り…』



9月2日、久しぶりに阪急の今津線沿線をニュースでロケいたしました。宝塚〜西宮北口間です。といいますのもこの区間が開業してちょうど100年を迎えたのです。おめでとうございます!

100年前といいますと、時代は大正。1921年の9月2日。当時は西宝(さいほう)線という名称でした。のちに阪神の今津まで延伸されますが、1世紀という時の流れの中で、沿線の風景は大きく移り変わりました。

沿線住民でない私にとって思い出深いのは、かの「ダイヤモンドクロス」。思い起こせば、高校時代。最後の年となった1984年にクラスメートのY君と、はるばる大阪の八尾から、阪急の西宮北口を訪れました。神戸線と今津線が、平面で垂直に交差する、とても珍しい光景です。

「ダイヤモンドクロス」の上を通過する電車は、「ガタゴトゴト…」と、独特のサウンドを奏でてくれます。神戸線は今と同じく、上り下り合わせて4線ありますので、神戸線をまたぐ今津線の乗客は、とりわけ長い時間このサウンドを楽しめる?わけです。

神戸線が通過するときは今津線が、今津線が通過するときは神戸線の電車が発車待ちになりますので、大量・高速輸送時代には適さないということで姿を消しました。



そんな懐かしの施設の一部が、阪急西宮ガーデンテラス近くの「高松ひなた緑地」に残されています。なぜ「ダイヤモンドクロス」と呼ばれるのか?私も確たる理由を知りえませんが、平面で交差している部分を少し斜めから見ると、ひし形に見えますので、そんなところからダイヤモンドとなったのでしょうか。



さて、1984年当時、もちろん写真も撮ったのですが、探しても出てこない!心残りでなりません…。Y君、まだ持ってますか?

2021年8月27日(金)『68番目のお城』

↑動画はこちらから



2020年3月22日、スポーツニッポンさんの在阪民放アナのリレーコラム『アナランド』に取り上げていただいたのですが、その時のお題が、「大阪城を見ながら発声練習 68番目に訪れる城も模索中」でした。 鉄道旅も好きですが、お城巡りに目覚めたとの話をさせていただきました。名古屋支社勤務時代は、名古屋城はもちろん、犬山、岡崎、岐阜、郡上八幡・・・。東京支社時代は、江戸城や小田原、世田谷城址などを巡りました。これまで訪れたことのある(天守などのない)城址含めたお城の数を数えてみると、取材を受けた当時「67」でした。さて、「68」番目は…といったあとに新型コロナ。しばらく、凍結状態だったのですが。



7月にウェストエクスプレス銀河取材で訪れた和歌山の新宮で、新宮城跡を訪ねました。コロナ禍で、運動不足の脚にはかなりハードな石の階段が続くのですが、ふと目の前に、きれいな石垣が現れました。しばし足を止めてしまう、素敵な積み方です!



新宮のお城には、自然の石をそのまま積み上げる「野面積み(のづらづみ)」ではなく、形を整えた石を使用する「切込み接ぎ(きりこみはぎ)」が多用されています。大阪城や江戸城(現:皇居)などの大きなお城で見られる手法です。武者返しの勾配もきつく、敵が攻め寄せても攻めにくい、戦略性の高いお城と推察いたします。



あいにくの曇り空でしたが、天守台や本丸があった頂上付近からの新宮市内、熊野川の眺めに、きのくにの奥深さを感じました。和歌山と言えば、徳川御三家のひとつ、紀州藩。江戸時代は「一国一城令」が出されていたはずですが、新宮に新たにお城が建てられました。城主は、徳川家から信頼の厚い水野家です。新宮には熊野三山のひとつ、熊野速玉大社があったり、熊野水軍の時代から交通の要衝であり、幕府にとっても重要な拠点であったことがうかがえます。



明治の廃城令により、残念ながら建物は取り壊されていますが、春には桜の名所として地元のみなさんに親しまれているそうです。安心して旅ができるようになったら、ぜひ訪ねていただきたい「一城」であります。