フィッシングDAYS あすの釣りをひらく

Angler アングラー

土屋ナオト

Profile プロフィール

土屋ナオト

幼い頃からへらぶな釣りの魅力にどっぷりとハマった実力派若手アングラー。18歳の頃にへらぶな釣りのクラブ「レジェンド」を立ち上げ、現在は管理池から野池まで、四季折々のへらぶな釣りシーンを楽しんでいる。「へらぶな釣りの楽しさを伝えたい」がモットー。

Tackle タックル

がまへら・幻将天(18尺)

軽さと大物にも対処できる粘りの両面を兼ね備えた長尺タイプのへらぶな用ロッド。アユ竿にも使用される高密度のカーボンを採用、肉厚に巻き上げることで、軽さはもちろん、大型へらぶなでも楽にあしらえるパワーを実現した。今回メインで使用した18尺(5.4m)で、自重は97gと驚きの軽さだ。ダム湖や野池での野べら釣りから、管理池での大型へら狙いまで幅広く使える1本。

A1ボトムマスター

へらぶなが吸い込みやすいバランスを徹底的に追求した底釣り専用設計の鈎。鈎が安定する重さを持たせながら、エサ持ち、安定性、吸い込みなどの要素を実現したへらぶな鈎。

Target ターゲット

ヘラブナ

ヘラブナについて

自然種としてはゲンゴロウブナだが、養殖された個体をへらぶなと呼ぶ。体高のある個体を掛け合わせて品種改良したため、各地に現在も放流されて、池や湖、管理池で釣れるへらぶなは体高があって、引きが強いとされる。「釣りはフナに始まりフナに終わる…」と言われる。これは初心者にも楽しめる反面、奥が深く、難易度が高い面を持つところから。

Field フィールド

奈良県天理市 白川ダム

奈良県の天理市と奈良市の境界に位置する白川ダムは、西名阪自動車道の天理インターからほど近いダム湖の野べら釣り場だ。周囲のほとんどがコンクリート護岸となっていて、足場がよいものの、傾斜があり釣り台が必須。へらぶなは30~40cmの良型が安定して釣れることでも知られ、中には50cm級のへらぶなも生息する。また、コイが多いことでも知られ、コイ釣りの常連も多い。

Tver YouTube