映画オンエア情報

10月19日(火) 深夜1:35~3:15
10月26日(火) 深夜1:35~3:35
  • ※放送時間が変更になる場合があります。
  • ※ラインナップは特別番組、その他の理由で変わることがありますのでご了承下さい。
  • ※監督、出演者などの人名表記は、キネマ旬報に準じています。

シネマクラブ「メカニック」

放送日
10月19日(火) 深夜1:35~3:15
製作年
2011年 / アメリカ
監督
サイモン・ウェスト
出演者
ジェイソン・ステイサム、ベン・フォスター、ドナルド・サザーランド、ほか

© Scared Productions, Inc. 2010
※掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ストーリー
決して殺人の痕跡を残さない正確無比な仕事ぶりで“メカニック”と呼ばれる殺し屋、アーサー・ビショップ(ジェイソン・ステイサム)。雇い主から示された新たなターゲットは、彼の親友であるハリー(ドナルド・サザーランド)であった。それでもアーサーはプロとして仕事を遂行する。後日、ハリーの葬儀に出席した際、ハリーの息子で荒んだ生活を送るスティーブ(ベン・フォスター)と再会。父を殺した犯人に復讐を誓うスティーブを放っておけず、彼を助手として受け入れ、殺し屋としての技術や知識を叩き込んでいく。ハリーの死の真相がいつ発覚するかも分からない上、未熟なパートナーが出来たことで、ミッション遂行に余計なリスクがつきまとうことになるアーサーだったが…。

オンエア情報一覧に戻る

シネマクラブ「時をかける少女」

放送日
10月26日(火) 深夜1:35~3:35
製作年
1983年 / 日本
監督
大林宣彦
出演者
原田知世、高柳良一、尾美としのり、ほか

© KADOKAWA 1983
※掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

ストーリー
土曜日の放課後、掃除当番の芳山和子(原田知世)は実験室で不審な物音を聞きつけ、部屋の中に入ってみるが人の姿はなく、床に落ちたフラスコの中の液体が白い煙をたてていた。フラスコに手をのばした和子は不思議な香りに包まれて気を失ってしまう。和子は保健室で気がつき、自分を運んでくれたクラスメイトの堀川吾朗(尾美としのり)や深町一夫(高柳良一)たちと様子を見に行くが、実験室は何事もなかったように整然としていた。しかし、和子はあの不思議な香りだけは覚えていた。それはラベンダーの香りだった。この事件があってから、和子は時間の感覚がおかしくなったような奇妙な感じに襲われるようになっていた…。

オンエア情報一覧に戻る

 

放送スケジュール

シネマクラブ「メカニック」
10月19日(火) 深夜1:35~3:15
シネマクラブ「メカニック」
シネマクラブ「時をかける少女」
10月26日(火) 深夜1:35~3:35
シネマクラブ「時をかける少女」

※放送時間が変更になる場合があります。

※ラインナップは特別番組、その他の理由で変わることがありますのでご了承下さい。

※監督、出演者などの人名表記は、キネマ旬報に準じています。

シネマクラブ「メカニック」
シネマクラブ「メカニック」
放送日
10月19日(火) 深夜1:35~3:15
製作年
2011年 / アメリカ
監 督
サイモン・ウェスト
出演者
ジェイソン・ステイサム、ベン・フォスター、ドナルド・サザーランド、ほか
ストーリー
決して殺人の痕跡を残さない正確無比な仕事ぶりで“メカニック”と呼ばれる殺し屋、アーサー・ビショップ(ジェイソン・ステイサム)。雇い主から示された新たなターゲットは、彼の親友であるハリー(ドナルド・サザーランド)であった。それでもアーサーはプロとして仕事を遂行する。後日、ハリーの葬儀に出席した際、ハリーの息子で荒んだ生活を送るスティーブ(ベン・フォスター)と再会。父を殺した犯人に復讐を誓うスティーブを放っておけず、彼を助手として受け入れ、殺し屋としての技術や知識を叩き込んでいく。ハリーの死の真相がいつ発覚するかも分からない上、未熟なパートナーが出来たことで、ミッション遂行に余計なリスクがつきまとうことになるアーサーだったが…。

© Scared Productions, Inc. 2010

※掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

シネマクラブ「時をかける少女」
シネマクラブ「時をかける少女」
放送日
10月26日(火) 深夜1:35~3:35
製作年
1983年 / 日本
監 督
大林宣彦
出演者
原田知世、高柳良一、尾美としのり、ほか
ストーリー
土曜日の放課後、掃除当番の芳山和子(原田知世)は実験室で不審な物音を聞きつけ、部屋の中に入ってみるが人の姿はなく、床に落ちたフラスコの中の液体が白い煙をたてていた。フラスコに手をのばした和子は不思議な香りに包まれて気を失ってしまう。和子は保健室で気がつき、自分を運んでくれたクラスメイトの堀川吾朗(尾美としのり)や深町一夫(高柳良一)たちと様子を見に行くが、実験室は何事もなかったように整然としていた。しかし、和子はあの不思議な香りだけは覚えていた。それはラベンダーの香りだった。この事件があってから、和子は時間の感覚がおかしくなったような奇妙な感じに襲われるようになっていた…。

© KADOKAWA 1983

※掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

テレビ大阪『映画クラブ』へようこそ、
最新の映画の無料チケット・映画DVDなどの
プレゼントや、映画試写会への優先的な
ご招待など、会員特典盛りだくさん。
ぜひ、会員登録を!

※プレゼントの応募には登録無料の会員登録が必要です。
  • 登録のメルマガの変更・登録情報の変更・配信停止など
    登録メルマガの変更・登録情報の変更・配信停止はこちら