これまでの放送

琵琶湖疏水クルーズで歴史遺産めぐり
京都・蹴上

2020年11月8日(日)放送

130年前から続く、水の力を使ったあるものとは!?
1891年、琵琶湖疏水ができた時期と同じ頃に、日本初の事業用水力発電所ができました。
ここで作られた電気は、日本初の営業用電車・京都電気鉄道や工業用の電力として使われました。
約130年たった現在も、発電所は稼働しています。
水を通す謎の橋とは!?
琵琶湖疏水の水をさらに、京都の街にめぐらせようとした時、疏水のルート上に南禅寺があることが判明し、その境内に水を通す橋「水路閣」をつくりました。
南禅寺にある水路閣は、蹴上発電所・蹴上インクラインとともに、近代化産業遺産に認定されました。
インスタ映えスポットとしても人気ですが、
琵琶湖疏水の水は、
今でも京都の人たちの暮らしを支えています。
水車小屋がおしゃれカフェに大変身!
昨年3月にオープンした「時忘舎」と言うカフェは、元は、琵琶湖疏水の水で水車を回した精麦所でした。
入り口には、当時の水車の大きさがわかるような工夫がされています。
店内には、主要な柱や梁も残されており、明治時代の雰囲気に浸りながら、
ゆっくりとした時間を過ごすことができます。
協力先
藤井容子(京都岡崎魅力づくり推進協議会)
びわ湖疏水船
関西電力 蹴上発電所
南禅寺
時忘舎