これまでの放送

十日えびすで福めぐり!
西宮神社  

2021年1月10日(日)放送

十日えびすの福男選びの起源とは!?
1月10日の深夜0時から家に籠もり、えびす様をお迎えすることを忌籠(いごもり)と言い、それがあける早朝に、我先にと急いで参拝する風習が、現在の福男選びの起源となりました。
女性も参加できますが、3番福までに入ったことはありません。
人形浄瑠璃のルーツ!西宮神社の人形芝居とは!?
平安時代から西宮神社周辺にいた人形遣いが全国を回り、人形芝居でえびす信仰を 広めていました。
西宮の人形芝居であるえびすかきは、淡路人形浄瑠璃や文楽のルーツと言われています。
明治時代には、廃れてしまいますが、2006年、西宮を盛り上げるため、復活させたのです。
絶品!福いっぱいの参道グルメを紹介!
西宮神社の参道にあるマンダリというお店では、えびす福お面 煎餅を販売しています。これは、2008年に西宮神社参拝の土産物を作ろうと考案されたものです。
この煎餅を作るのに、西宮神社からえびす様の面を借りて、金型が作られました。
谷矢製餡というあんこ専門店では、西宮神社の十日参りで配られる月替わりのお菓子の一つである、きんつばを製造・販売しています。
店内で、機械で製造されるきんつばを見られるのも人気です。
協力先
西宮神社
人形芝居 えびす座
マンダリ
アンリ・シャルパンティエ エビスタ西宮店
谷矢製餡
植田製麺所
お好み焼き ぼくのや