これまでの放送

世界的アーティストが案内!
東大寺のお水取り

2021年2月21日(日)放送

大仏が蓮の上にいる理由とは!?
大仏は、蓮弁(れんべつ)という蓮の上に座っています。
蓮は、沼地や泥の中に生えますが、沼や泥は苦難を表しており、
その苦難を糧に花を咲かせることから、仏教においては、大切にされています。
お水取りの巨大な松明に隠されたヒミツとは!?
松明は、階段を上ってお堂に向かう僧侶の足元を照らすためのものです。
現在は、お水取りは、3月1日〜14日に行われています。
1270年間、一度も途切れずに行われています。
世界的アーティストが案内!お水取りと呼ばれているのはなぜ?
お水取りは、3月1日から2週間、行があるのですが、その中の3月12日の夜中が明けて、13日の真夜中に、東大寺にある井戸の中から十一面観音様に捧げるためのお水をくむことから、
「お水取り」と呼ばれています。
協力先
華厳宗大本山 東大寺
龍美堂
スティーヴ エトウ(打楽器奏者)