ザ・フィッシング > 過去の放送一覧 > 2005年8月27日放送

2005年8月27日
 
 
水野裕子のフィッシングチアーズ(3) 夏休み!フィッシング&キャンプ
〜 静岡県沼津市、伊豆の国市 〜


 水野裕子が釣りを楽しみ、そして皆さんの釣りライフを応援するシリーズ“フィッシングチアーズ”の第3弾。今回は、ある一家の夏休みの釣りとキャンプ旅行に水野裕子がごいっしょした模様をお送りします。

 ご一家は斉藤さん。築地に勤めるお父さん、お母さん、お兄ちゃんの潤樹(じゅんき)君(小6)、妹の菜都子(なつこ)ちゃん(小4)の4人家族。ご自宅を訪れた裕ちゃんは、車に同乗させてもらい、出発。わくわくする子どもたちでにぎやかな車内は、海が見えてくると一層にぎやかに。

 やってきたのは静岡県沼津市。まずはボート釣りを楽しむ。この時期はマダイ、アジ、ソウダガツオなどが釣れるそうだ。2艘で男性チームと女性チームに分かれ対決することにした。経験のある裕ちゃんは菜都子ちゃんに丁寧に教えてあげる。準備が整い、スタート。今夜の夕食は今から釣る魚がおかずになるとあって、みんな楽しみながらもどこか真剣。初めにヒットしたのはお母さん。そして裕ちゃん。女性陣が優勢の模様。子どもたちはちょっと苦戦しているが、はたして結果は?

 今夜はキャンプ場で釣った魚を食べ、一夜を明かす。そして翌日は淡島(あわしま)へ移動して陸っぱりを楽しむ。子どもたちのかけがえのない思い出となったフィッシング&キャンプ。皆さんのお宅でもいかがでしょうか?

水野裕子のフィッシングロケ日記 2005年8月放送分

  今回は、斉藤さんというご両親、お兄ちゃん、妹の4人のご家族の釣りとキャンプの旅行に同行させていただきました。

  思ったのは、子どもは親の背中を見て育つということ。ご両親が昔から釣りやキャンプが大好きでやってらっしゃったので、お子さんたちがすごく自然になれ親しんでいました。ああしなさい、こうしなさいと言って教えるのではなく、釣りとかキャンプとか楽しいことの中で自然を学ばせてあげられるというのは、体験学習というのでしょうか、いいことですよね。
 

  そして私もそうでしたが、何といっても夏休みは特別な思い出を作りたい時。こういう体験が楽しい記憶として残れば、自分の経験として一生の財産になりますよね。

  今回のお子さんたちも、自分が大人になった時もこういうことがしたいと言っていました。そんなにいろいろ上手くできなくてもいいと思います。でもいっしょに行って、体験してみる。お子さんのいるお父さん、お母さん方にぜひおすすめしたいです。



● 出演者: 水野 裕子(みずの ゆうこ)
斉藤さん一家(さいとうさんいっか)

● 取材地連絡先: 岩崎釣具店
0559-42-2281

モビリティーパーク
0559-79-0026

淡島マリンパーク
0559-79-0026