ザ・フィッシング > 過去の放送一覧 > 2006年7月22日放送

2006年7月22日
 
 
北海道・投げのカレイと東京湾のスルメイカ
〜 北海道利尻・神奈川県久里浜港 〜


 今週の「The Fishing」は豪華2本立て!前半は北の大地・北海道で、2人のアングラーが「投げのカレイ」にチャレンジ。後半はご存知!大塚貴汪プロが東京湾でスルメ釣りを展開する。


2006年6月中旬。北海道の利尻島で行われたカレイ釣り。アングラーの長谷川と永井はともに北海道在住。普段から釣行を共にすることも多いという。「投げ釣り」最大の魅力はなんと言ってもキャスティング!

 大海原に向かって豪快に仕掛けを投げ飛ばす、その快感は計り知れない。そして、竿先から伝わる独特のアタリ。特に今回のターゲットであるカレイは、投げ釣りの代表的なターゲット・シロギスに比べ、よりアタリがハッキリと竿先に現れる。その瞬間、アングラーの興奮は頂点へと達するのだ。共に北海道を代表するアングラーである2人は次々とカレイを釣り上げ、大爆釣の末に実釣を終了する。








 次の舞台は神奈川県・横須賀。狙うは東京湾の人気ターゲットの1つ、スルメイカ。刺すように強い日差しの下、船は午前6時に久里浜港を離れ、東京湾に繰り出した。

 大塚は、電動リールを使った電動直結釣法で、スルメイカに挑む。実釣を開始すると早速アタリが!この重量感こそがスルメ釣りの醍醐味。ダブル、トリプルと多点掛けを連発!大暴釣に終わったスルメ釣りに、大塚も終始、ご満悦の様子。「投げのカレイ」と「スルメイカ釣り」、2つの釣りの魅力を紹介します。


● 出演者: 大塚 貴汪(おおつか たかひろ)
永井 良春(ながい よしはる)
長谷川 栄治(はせがわ えいじ)

● 取材地連絡先: 久里浜:ムツ六
(046) 835-1777

● タックル: 図をクリックすると拡大版が表示されます。

----- 利尻:長谷川 使用タックル -----
ライン
サイトサーフ ナイトイエロー/ホットオレンジ 3号/4号
ロッド
トーナメントサーフT 30号-425 トーナメントキャスター33号-425
ミキイト
ナイロン14号
ハリス
ナイロン5号
ハリ 丸セイゴ15号 カレイ針15号
リール
パワーサーフQD 座布団鰈
オモリ
30号
タックル図
拡大図はこちら
----- 利尻:永井 使用タックル -----
ライン
サイトサーフ ホットオレンジ 5号
ロッド
トーナメントサーフT-30-405 トーナメントキャスター33号-425
ミキイト
ナイロン 16号
ハリス
フロロカーボン5号
ハリ 流線15号
リール
パワーサーフQD 座布団鰈
オモリ
30号
タックル図
拡大図はこちら
----- 東京湾:大塚 使用タックル -----
ライン
UVFメガセンサー 3号
ロッド
先鋭剣崎V2 100号-170
ミキイト
ディーフロン船ハリス 7〜8号
中おもり
20〜30号
プラヅノ 14cmサイズ 10〜13本立て
リール
シーボーグ300FB
オモリ
120号
コードレスバッテリー
スーパーリチウム8000WP-L
タックル図
拡大図はこちら