ザ・フィッシング > 過去の放送一覧 > 2006年8月26日放送

2006年8月26日
 
 
北海道・小樽沖のヒラメ釣り
〜 北海道小樽港 〜


今回のThe Fishingの舞台は北海道。出演者は北海道を代表するアングラー、畑山徹。過去にもThe Fishingに出演し、サーモンやカレイと言った北海道の魚類を釣り上げている。今回のターゲットは北海道の代表的な魚であるヒラメ。小樽港から日本海に臨む、心は踊る。
北の大地の目覚めは早い。まだ日が昇る数時間前という午前3時。この季節のヒラメは早朝が最も釣れる量が多い。うっすらと明るくなる空の下、沖へと進路を進める龍神丸。狙うは大型ヒラメ。ホームグラウンドである北海道の釣りを熟知している畑山は、「バケ」と呼ばれるルアーの一種を用いてアタリを狙う。北海道特有の釣りでヒラメを次々と釣り上げ、ついには50cmオーバーのヒラメをヒット!午前10時という早い時間に釣行は終わりを迎える。北海道独特の釣法で、本州のヒラメ釣りとは全く異なる釣りの魅力を紹介する。


● 出演者: 畑山 徹(はたやま とおる)

● 取材地連絡先: 龍神丸
090-1526-1584

● タックル: 図をクリックすると拡大版が表示されます。

----- 畑山 使用タックル -----
ロッド
剣崎V2 ヒラメ SP
リール
シーボーグ300FB
ハリ
ヒラメ 16号・チヌ 6〜9号
ハリス ディーフロン 船ハリス7〜10号
ミキイト
ディーフロン 船ハリス12号
ライン
UVFメガセンサー 3〜4号
タックル図
拡大図はこちら
水野裕子・女の釣り道〜鮎編〜
〜 静岡県清水市 〜
 先輩アングラーの指導の下、様々な釣りにチャレンジする「女の釣り道」。
5回目となる今回は鮎の友釣りに挑戦。2年前にも栃木県の大芦川で体験している。今回裕子に手ほどきをするのは関西を代表する鮎釣り界の大御所、「帝王」の異名を持つ村田満。1年間のうち約300日釣行し、その強烈なキャラクターに人気が集まる。裕子の表情にも緊張が走る。
 

 この日の舞台は静岡県の興津川。真夏の蒼天のもと、朝9時から実釣をスタートした。口うるさいながらも愛情のある村田の下、順調に釣果をあげる水野裕子。釣行は穏やかに進んでいった。その中で裕子を唯一悩ませたのが取り込み。「パーン」という軽快な音が鮎釣りの魅力の一つ。釣れはすれどなかなか入らない。最後の詰めがうまくいかない裕子の顔に苦悩が浮かぶ。

  それでも釣行を続けるたびにだんだんと入りそうになっていく。日が傾く時間が近づき焦燥感が募る中、釣り道の「極意」をマスターすることはできるのか。そして帝王による水野裕子の採点は如何に!?

水野裕子のフィッシングロケ日記 2006年8月放送分

 今回は、私自身3回目となりますアユ釣りです。「女の釣り道」シリーズは5回目となります。

 かなり調子のいいおっちゃんの村田満さんと一緒に、ここ静岡県の興津川でアユ釣りをさせていただきました。満さんのお人柄でしょうか、ちょっと苦手意識のあった鮎釣りがかなり好きになりました。

 釣果も自分で想像していたよりもかなりの数が釣れました。もちろん満さんの足下にも及びませんが。

 取り込みがやっぱり一番心配していたところです。
おととしの栃木での1回目、去年の「リバーウォッチング」宇治川での2回目、そして3年目の今回が3回目だったんですけど、一応、取り込みも着実に進歩はしてるかなと、本当にちょっとずつなんですけど、思いました。

  それよりも何よりも、おととしは台風でコンディションが悪く、去年は「リバーウォッチング」の中の一部分であったので、ここまでしっかりアユ釣りをするのは初めてでしたが、こんなに疲れるとは思いませんでした。  まず竿が 9m あるので重い。長くて重いということで、それを支えるだけでも大変です。それと川の流れも強いので、ちゃんと転ばない様に立っている足腰もいります。移動する時も力がいりました。

  それから風が出てきたりすると、それだけ竿の重さもより感じるし、アユの動きにも集中しなくちゃいけない。ちょっと気を抜くと浮いてしまったりとか、思っていたところに入らなかったりとかになってしまいます。

  力を入れず抜かず、糸を張らず緩めず、という加減と集中力が必要で、丸1日船に乗っているよりも、もしかしたら疲れるかなと思うくらい体力を使いました。

 でも、その分釣れた時は面白かったです。満さんが「アユ釣りというのは最初から一匹釣れてるんや。こんな嬉しい釣りないでー」とおっしゃってたんですが、本当にその通りでした。他の釣りだと釣った時だけ魚の動きを感じるものが多いと思うのですが、ずっと魚の動きを感じていられるというのは、常に手のひらの感覚に神経を集中させるということで、これは他の釣りに応用できると思いました。

 船釣りとかは、ポイントのチョイスとかが、船長さん任せになったりしますよね。しかし、このアユ釣りに関しては、「石を釣る」という言葉もありますが、自分でそういう場所を選んで、そこにアユを送って、それを取り込んで、と、他の釣りよりも、自分の力なんだという感じがします。

 そして何よりもきれいです、アユは。やっぱり海の魚の方が大きさもパワーもありますけど、こういう木々に囲まれた中で、いい空気を吸いながら、白波の立つ川面を眺めながら、風情を感じつつ釣るのは楽しいです。そのあと食べるというのもいいですが。アユそのものの美しさに今日はとても感動しました。

 そして満さん、どうもありがとうございました。「次はライバルで」なんて言ってしまいましたが、まだまだ到底足下にもおよびそうにもありません。もうしばらく精進を続けたいと思います。