ザ・フィッシング > 過去の放送一覧 > 2006年10月28日放送

2006年10月28日
 
 
カワハギオープン2006 名手達の技に迫る
〜 神奈川 久比里 〜


  2006年10月7日。
カワハギ釣りの本場として知られる神奈川県・久比里で、今年も「カワハギオープン2006」が開催された。

  この大会も今年で4回目。久比里にある3軒の船宿、みのすけ丸、山下丸、山天丸の協力のもと予選を行い、勝ち残った参加者でこの日の決勝戦となった。また昨年に続き、東海地区予選とカワハギ熱高まる関西地区予選の勝者も参加している。

   この日のポイントは竹岡沖。水温は21度。心配された悪天候は出船時には、ほぼ収まっていた。しかし、前日まで降り続いた大雨と強風の影響により、海の状況はかなり悪いようだ。全体に活性が低く、濁りで視界が悪いため、目の前にきた餌にしか反応しない。さすがの選手たちも苦戦を強いられた。そんな中、少ないチャンスとそれを物にする技術、そして集中力を兼ね備えた選手が勝ち残った。

  みのすけ丸では、序盤のリードを守りきった前澤選手が優勝。山下丸では、東海地区予選をトップで通過した加藤選手がその実力を見せつけた。そして、山天丸では、名手として名高い長谷選手が優勝した。そしてその4日後の10月11日、「カワハギオープン2006」の勝者3名が、再び久比里に集まった。


  3選手の必釣テクニックを披露してもらい、それをプロアングラー大塚貴汪が徹底解説、名手達の技に迫る。腕の差が歴然と出るカワハギ釣り。


これを見れば、テクニック向上間違いなし。どうぞ、お楽しみに!!

● 出演者: 大塚 貴汪(おおつか たかひろ)
カワハギオープン2006 優勝者3名(カワハギオープン2006 ゆうしょうしゃ3めい)

● 取材地連絡先: みのすけ丸
046-841-1089

● タックル: 図をクリックすると拡大版が表示されます。

----- カワハギ攻略 基本 使用タックル -----
ロッド
極説カワハギ Red Tune
リール
スマック Red Tune 100L
エダス ディーフロン船ハリス 2〜2.5号
ミキイト
ディーフロン 船ハリス 3号
ハリ
D-MAX カワハギ (マルチ)7〜7.5号 (フック) 4〜4.5号
ライン
UVFメガセンサー 0.8〜1号
オモリ
快適カワハギ集魚 TYPE2〜3

快適フックビーズM

快適船シンカー25号
タックル図
拡大図はこちら