ザ・フィッシング > 過去の放送一覧 > 2006年11月25日放送

2006年11月25日
 
 
カレイはどこ?ポイントを探せ
〜 愛媛・興居島(ごごしま) 〜


今回は投げのカレイ釣り。場所は愛媛県松山市にある興居島(ごごしま)。カレイ釣りファンなら知らない人はいないというほど有名な所だ。しかし今年は水温が高く本格シーズンにはまだ少し早くエサとりが多いという。ここを訪れたのは地元松山在住の投げ釣りのエキスパート・渡部裕司。
 カレイ釣りは居場所を見つけることがキーポイントとなる。渡部は三本竿で遠投・中投・近投と投げ分け、まずは広範囲に居場所を探っていく。

  今回、渡部はエサとり対策としてマムシとコウジを針に一緒につけて、マムシをエサとりに食わせてコウジで食いが遅いカレイを待つ作戦をとった。狙い通りマムシにチャリコやキュウセン、カワハギといったエサとりが食いついてくる。しかし本命のカレイが姿を見せない。

  こまめに打ち返しをして探っていた渡部だが遠投は反応が無い、近投は藻が多い、そこで中投に絞り込む。そして誘いを入れながらさらに詳細な海底図を描き出す。最終的に渡部が絞り込んだのは中投の距離でも泥底に変わる少し手前の砂底。そこを集中的に攻める。するとジジーッ、勢いよく糸が出る。

 上がってきたのはマゴチ、しかも60センチの大型。うれしいゲストだが、本命はカレイ。さらに辛抱強く待つ。そしてジリジリジリッ、間違いなくカレイのアタリ。急がずじっくり食わせてから合わせを入れる。カレイ独特の底に張り付くような重い手応え。

ようやく本命カレイ 38センチの良型をゲットした。
今回の釣行はこの一尾に終わったが、これからが本番のカレイ釣り、渡部の釣りを参考にして欲しい。

● 出演者: 渡部 裕司(わたなべ ゆうじ)