ザ・フィッシング > 過去の放送一覧 > 2007年5月19日放送

2007年5月19日
 
 
広島&福岡の名手 狙うは春のチヌ
〜 山口県・上関町 〜



 “春のチヌ・シーズン”到来。
例年、この時期になると“のっこみのチヌ”を目当てに全国のチヌ師たちが胸を躍らせます。
今回の舞台は、山口県の最南端に位置する、透き通る海と緑豊かな島々がつらなる上関町。周辺は、瀬戸内海でも屈指の好漁場で、磯釣りの名所としても知られています。

 その舞台に上がったのは、広島県の木村公治と福岡県の鶴原修。木村は「2005年スーパーバトルカップ・チヌ優勝」、鶴原は「2002年グレマスターズ準優勝」と実績も申し分のない2人が“春のチヌ”に挑みました。
出船場所は、上関大橋から車で約15分の四代港。さらに15分ほどでポイントの沖磯へ。
 
  今回、木村は磯釣りとしては珍しい並継ぎ竿を使用。一方、鶴原は、磯では見かけることが少ない棒ウキで対抗します。 午前6時すぎ、実釣開始。

  まずは、木村が広島流の潮目を狙った遠投が功を奏し、約30cmと小振りながらも一尾目をゲット。鶴原も福岡で培った繊細な仕掛けで、タナ底にアプローチしチヌを釣り上げます。
その後も2人は、様々なテクニックを披露しながら良型のチヌを激釣。

 サイズは、木村が最高43cm 鶴原は42cmに止まったものの、木村・鶴原共に12尾、併せて24尾と十分な釣果を上げました。 広島と福岡の名手2人が初心に帰って純粋に釣りを楽しむ姿&チヌ釣りテクニックは必見です。是非ご覧下さい。


● 出演者: 木村 公治(きむら こうじ)
鶴原 修(つるはら おさむ)

● 取材地連絡先: 進栄丸
0820-65-0315

● タックル: 図をクリックすると拡大版が表示されます。

----- 木村 使用タックル -----
ミチイト
アストロン グレイトNT 1.5号
ロッド
夢幻工房チヌ 中硬54
ウキ 銀狼・遠投 タイプL 0 イエロー
リール
タフロン グレイトNT 1.0号、1.25号、1.5号
ハリ
2号
タックル図
拡大図はこちら
----- 鶴原 使用タックル -----
ロッド
銀狼ゼロファイター52
ミチイト
銀狼ライン 1.5号
ウキ
ベガスティックS 2B
ハリス タフロン磯'S'ミッション 1.2号
ハリ
グレ6、7号
リール
銀狼LBD
タックル図
拡大図はこちら