ザ・フィッシング > 過去の放送一覧 > 2007年6月30日放送

2007年6月30日
 
 
水中カメラで解明!マルイカの素顔
〜 千葉県・金谷 〜



 あなたは、釣り糸の先に広がる水中の世界を見たことが有りますか?自分が操る仕掛けやエサの動き、それに対するターゲットの動き。実際に見たことがある人は殆ど居ないでしょう。

  今回のThe Fishing、テーマは「水中カメラで解明!マルイカの素顔」 釣り人なら誰もが気になっていたであろう水中の世界を、船上の映像と共にお送りします。
 





 今回マルイカを船上から狙うのは、沖釣りのスペシャリスト、プロアングラー大塚貴汪と、スッテの開発に携わる宮澤幸則。 水中を撮影するのは潜り続けて47年、ベテランダイバーの尾崎幸司。

 釣り人の目線から、そして、マルイカの目線から、完全シンクロで紹介します。







 訪れたのは千葉県金谷にあるマルイカ釣りを全国に広めた光進丸。ターゲットはゲーム性の高さで人気沸騰中のマルイカ。警戒心が非常に強い反面、好奇心旺盛なマルイカを一体どのように攻略すべきなのか?






 マルイカ仕掛けの主流は大きく分けて3つ。最もベーシックなブランコ仕掛け、ハリスがほぼ無い直ブラ仕掛け、スッテとラインを一直線に結んだ直結仕掛け。他には、直ブラと直結を組み合わせたパターンもある。この各パターンの仕掛けごとの水中の動きの違い、それに対するマルイカの反応、スッテに抱きつく瞬間、掛かった後の動きなど全てを徹底検証します。

 
決定的瞬間を捉えた今回のThe Fishing、お見逃しなく!!!


● 出演者: 大塚 貴汪(おおつか たかひろ)
宮澤 幸則(みやざわ ゆきのり)

● 取材地連絡先: 光進丸
0439-69-2232

● タックル: 図をクリックすると拡大版が表示されます。

----- 直ブラ仕掛け 大塚 使用タックル -----
ロッド
極鋭ゲーム 195マルチ、極鋭ゲーム 180テク、極鋭ゲーム 180テク、極鋭ゲーム 180テク
リール
スマック100 レッドチューン、ミリオネア ICV 100、エアド 100
水中糸 メタコンポ 0.05、0.07号
ミキイト
ディーフロン船ハリス4号
スッテ
0.3、0.4号ミッドスッテ 48S 48
エダス
ディーフロン船ハリス4号 1cm
シンカー
快適船シンカー30号
タックル図
拡大図はこちら
----- 直結ブラ 使用タックル -----
ミキイトと直ブラ部分のハリス
ディーフロン船ハリス真鯛6号
直ブラ部分のミキイト
ディーフロン 船ハリス真鯛3.5号
タックル図
拡大図はこちら