ザ・フィッシング > 過去の放送一覧 > 2007年9月22日放送

2007年9月22日
 
 
サーフトローリングで投げまくりキャスティズム&スルメ
〜 駿河湾・沼津 〜


今週のThe Fishingは大塚、村越による豪華2本立て!
まず狙うのはシーズン終盤を迎えたスルメイカ。
三浦半島の先端にある松輪港にやって来たのはプロアングラー大塚貴汪と大物釣りを得意とする早川友治。。




 まず2人は直結仕掛けを電動リールで巻き上げながらアクションを与える電動直結釣法で挑戦。開始早々2人は次々とスルメイカを釣りあげていく。仕掛けをブランコ仕掛けに変えた後も絶好調!早川はこの釣りの楽しみの一つ、「船上干し」を作り、スルメイカ釣りの醍醐味を味わえた釣行だった。







続いては浜から様々なターゲットを狙う『キャスティズム』の第2弾。
投げ釣りとあらゆる釣りを融合させ、今まで届かなかったポイントも攻めることができる新しい釣り。







6月放送のキャスティズムでは、ソルトルアーフィッシングのパイオニア・村越正海が浜で磯で投げまくり、イワシとシロギスの数釣りを堪能した。
今回は投げ釣り用の天秤に弓角という疑似餌をつけて遠投し引いてくる「サーフトローリング」。この釣りは主にナブラを攻める釣り。時合いが短いため、早朝から静岡県・沼津の海岸を訪れた村越。するとナブラが。そこ目掛けて投げ込むと、ソウダガツオが連発!




 その後ナブラが消えたものの、投げ続ける村越。小型ながらシイラも釣り、この日も浜での釣りを満喫する。


● 出演者: 大塚 貴汪(おおつか たかひろ)
村越 正海(むらこし せいかい)
早川 友治(はやかわ ゆうじ)

● 取材地連絡先: 棒面丸(松輪港)
TEL:0468-86-0202

● タックル: 図をクリックすると拡大版が表示されます。

----- スルメブランコ 使用タックル -----
ロッド
先鋭剣崎V2 120-200
ライン
UVFメガセンサー 3〜4号

プラヅノ

14〜18cm

ミキイト

ディーフロン 船ハリス 6号

エダス

ディーフロン 船ハリス 4号
リール ハイパータナコン 500S
シンカー 120号
タックル図
拡大図はこちら
----- スルメ直結 使用タックル -----
ロッド
先鋭剣崎V2 120-170 / 100-170
ライン
UVFメガセンサー 3〜4号

プラヅノ

14〜18cm 12本

ミキイト

ディーフロン 船ハリス 8〜10号
リール ハイパータナコン 500S
シンカー 120号
タックル図
拡大図はこちら
----- サーフ 使用タックル -----
ロッド
キャスティズム 25-385
天秤
20号
リール トーナメントサーフ35 キャスティズム
フロロカーボン 6号 2m
タックル図
拡大図はこちら