ザ・フィッシング > 過去の放送一覧 > 2008年1月12日放送

2008年1月12日
 
 
マレーシア
セールフィッシュゲーム(2)

〜 マレーシアロンピン 〜






   マレーシア・マレー半島の東海岸ロンピンは、セイルフィッシュの数の多さで世界中のアングラーから注目されている。2週連続に渡り、海のルアーフィッシングのパイオニア・村越正海がセイルフィッシュに挑む。

 








 第2弾は、ルアーで狙うセイルフィッシュ。セイルフィッシュはカジキの一種で、扇状に背ビレが拡がり、ヨットの帆(セイル)を思わせることからその名がついた。時折見せるジャンプは優雅で迫力満点。魅力溢れるターゲットである。











  セイルフィッシュをルアーで狙う場合の最大の難関がフッキング(針掛り)。なぜならフッキングポイントがたった2ヶ所しかないからだ。カンヌキと呼ばれる口の端と、くちばしの内側の根元付近。それ以外に掛かるとことごとく外れてしまう。運よくフッキングしても、大抵はファイト中のジャンプで外れてしまう。












 


ポイントに到着した村越は、鳥山を狙う。魚の居場所は鳥が教えてくれる。村越はポッパーのテールにシングルフック、ボディにシングルフックを二つ束ねた蝶々針をセット。トレブルフック(3本針)のように針数が多いと、かえって針が邪魔をし、フッキング率が悪い。













  釣りを始めて間もなく、ポッパーの後を追う黒い陰が現れる。セイルフィッシュだ。くちばしを海面に突き出し、ポッパーを食おうとする。それを見て村越がアワセた。が、フックオフ。その後何度もバイトしてくるが、どうしても掛からない。アワセが足りないと感じた村越は、力いっぱいアワセるが逆にリーダーがこすれて切れる。
村越、どうする!?







新春特別企画。息詰まるセイルフィッシュとの駆け引き!!お楽しみに。

● 出演者: 村越 正海(むらこし せいかい)

● 取材地連絡先: (株) フィールドゲート
03-5825-8186