社長メッセージ デジタル戦略でレジリエント力を発揮! 代表取締役社長 田中 信行

谷口康輔の上海支局Life

※交流人事でテレビ東京に出向、上海支局の記者をしています!

Q. 上海支局ってどんなところ?
中国は非常に大きな国ですが、1980年以降、急激に都市開発が進み、いまや国家経済・金融の中心地となっているのが上海です。
その繁華街の一角に、支局があります。
Q. どんなお仕事をしていますか?
中国を中心にアジアのニュースを取材し、放送につなげています。たとえば中国の人にインタビューをしたら、原稿を書くほかにも、映像を支局内で編集して、東京の本社に送る仕事などがあります。こうした仕事の流れ自体は日本でもだいたい同じです。
では上海支局の特徴は…?というと、「担当エリア」の特別さです。
かつては“アジアの世紀”ともてはやされたり、いまは“経済停滞期”とも言われたり…栄枯盛衰の移り変わりがとてもダイナミックなのが、担当エリアである中国と東南アジアです。
そんなアジアの実情、日本の視聴者が知らないこともまだまだたくさんあります。それをテレビという映像メディアによって、分かりやすく、生き生きと伝える役目を担うのが、上海支局の最大の特徴だと思います。
Q. 力を入れているプロジェクトはありますか?
地上波とネット配信のシナジーを図るプロジェクトです。出向先のテレビ東京は今年、このプロジェクトに全社を挙げて力を注いでいて、上海支局としても地上波&ネット配信の双方向けの新コンテンツ「中国テック」を立ち上げました。
実は中国には、GoogleやYahooに迫る規模の巨大テック企業が多数あり、2012年以降はそれにぶら下がる形の「テック系ベンチャー企業」が大量に生まれました。(もちろんたくさん潰れてもいます)
その強烈な成長スピードを持つテック系ベンチャー企業を、モーニングサテライト向けの特集と、ネット配信向けの記者解説の2つの形にして紹介する形を取りました。
例えば・・・
・杭州にあるロボット犬の開発ベンチャー
・深センにあるドローン花火の開発・運営ベンチャー
・北京にあるオンライン教育系ベンチャー などなど
中国テックの現状を詳細な内部映像とともに伝えているメディアはまだまだ少ないため、私たちのコンテンツはかなりの数の方にご覧いただけています。ビジネスマンをはじめ日本人にとって、中国テックのことは「知らないでは済まされない」時代に入っているのだと感じます。
Q. 上海生活で、驚いたことを教えてください。
欧米、東南アジア、ロシア、インドなど、実にさまざまな国籍の人が集まっていることに驚きました。こちらで知り合ったアメリカ人に言わせると、「アジアで一番国際的」「ニューヨークのよう」だそうです。
そして富裕層が多いことにも驚きます。「浦東新区」という埋め立てによって開発された上海市東部のエリアがあるのですが、有名なテレビタワー「東方明珠」をシンボルにして、その周辺には金融街が広がっています。その辺りに住む「新上海人」と呼ばれる富裕層は、毎日高級レストランで食事をし、高級車に乗る豊かな生活をしています。
その一方で、富裕層や外国人の姿がまったくない、貧しい中国人たちが肩を寄せ合って暮らす地域もまだまだあります。道にはゴミが散らばり、何かが腐ったような臭いが鼻をつくこともあります。
Q. 上海に駐在して良かった!と思える経験を教えてください。
「米朝首脳会談」という歴史的な節目に、取材者として立ち会うことができました。
金総書記を直に目の当たりにできたり、世界各国のメディアの活動を知ることができたりと、特別な経験になったと感じます。
上海支局の入るビル屋上からの風景。
人口2400万と大阪・東京よりも大きな都市で、地震も少ないことから高層ビルはあちこちに。晴天でもビルが霞んで見えるのは特有の空気の質の問題。
米朝首脳会談時のシンガポールの様子。
金総書記を乗せた車列が通るとの情報を聞きつけ、付近の道路に世界各国のメディアが集まる。
ワールドビジネスサテライト放送
「猛成長!中国AIブームを追う」の取材風景。
中国ワースト3の貧困地区、「寧夏回族自治区」にある、西夏王陵という約1000年前の遺跡にて撮影。
こんな何もないような場所にまで、中国のAIブームは広がっています。
2018年末のワールドビジネスサテライト放送
「新シルクロード鉄道」の取材風景。
古代の「シルクロード」が“一帯一路”政策のもとで鉄道ルートとして復活を遂げ、ユーラシア大陸の東西を駆け抜けています。
2012年、テレビ大阪のドキュメンタリーでも取材したテーマですが、WBSではついに日本企業がこのルートを活用しはじめた、という動きを追いました。
新コンテンツ「中国テック」で取材した杭州のロボット犬開発ベンチャー。
左の黒いものがいわゆる“ロボット犬”、右下が犬の視点です。
中国テックで取材した「ドローン花火」。
かつて中国では爆竹が旧正月の恒例行事でしたが、危険・環境汚染の観点から都市部では禁止に。代わりにドローンが夜空を彩るようになりました。

pagetop