やさしいニュース

郊外型百貨店の生き残り策は地元密着

郊外にある老舗の百貨店。生き残りキーワードは「地元密着」です。きょう食品フロアをリニューアルした高島屋・堺店。そこに駆け付けたのは堺市のハニワ部長です。堺市とパンやスイーツなどコラボ商品を開発し、地元密着をアピールします。【ハニワ部長「「口元がちょびヒゲっぽくて、こっちに自分の顔が変わればと思うくらかわいい」】この地域は2キロ圏内に20のスーパーが出店する激戦区。地元・泉州でその日の朝に採れた野菜を並べるほか調理の仕方や保存方法を伝える場所を設けるなど客との対話を通して競合店との差別化を図ります。

大阪・関西のニュース