やさしいニュース

絶滅危惧種のカワウソを密輸

絶滅の恐れのあるコツメカワウソ2匹を関西空港に密輸しようとしたとして堺市に住む男が逮捕されました。逮捕されたのは堺市の自営業、松井博行容疑者できょう送検されました。調べによりますとことし9月コツメカワウソ2匹をタイから不正に密輸しようとした疑いです。コツメカワウソは近年密輸が横行し、
絶滅も危惧されているためことし8月ワシントン条約で国際取引の禁止が決定されました。また登録されていないコツメカワウソの国内取引はきのうから禁止となっています。国内での取引価格は1匹あたりおよそ100万円から120万円ということですが松井容疑者は現地で1匹およそ5000円で仕入れていました。警察は松井容疑者が取引の規制強化によりコツメカワウソの価格が上がるのを見越して密輸していたとみてくわしく調べています。

大阪・関西のニュース