やさしいニュース

イクラ…何のタマゴ?

きらきらと輝く黄金色の粒。

【口の中ではじけて風味が広がります】
きょう近畿大学水産研究所が期間限定で発売を始めた「近大イクラ」。
イクラといえば、サケの卵ですが…
【養殖のアマゴです】
なぜ、サケではなくアマゴの卵なのでしょうか?

和歌山県新宮市の養殖場をたずねました。
こちらの養殖場では年間35万尾のアマゴを養殖し、関西の養殖業者や漁協に販売されています。
【サケの養殖技術は国内で確立されてない。近縁種のアマゴの養殖したものでイクラを作ろうと】

近年、温暖化の影響でサケが獲れずイクラの価格も高騰。
近畿大学では今後、アマゴのイクラの生産量を増やし、安定的に提供できるよう研究を続けるということです。
【イクラの代替品というより、選択肢の幅を広げたい。】

大阪・関西のニュース