やさしいニュース

元市職員 謝礼900万円認める

大阪市の官製談合事件を巡る裁判で

建設局の元職員は起訴内容を認めました。

 

大阪市建設局の元職員・青木伸一被告は、

市が発注した電気工事の入札で価格の情報などを工事業者に漏らし、

見返りとして現金や車などおよそ900万円分の賄賂を受け取ったとして

官製談合防止法違反などの罪に問われています。

 

青木被告はきょうの初公判で

「事実について争いはない」と起訴内容を認めました。

検察側は2012年ごろから接待が頻繁になって青木被告が入札情報を漏らし、

利益が増えた業者から謝礼として現金を受け取ったと指摘しました。

大阪・関西のニュース