やさしいニュース

関空で大量のMDMA密輸犯を摘発

合成麻薬MDMAを大量に密輸したとしてドイツ人の男が逮捕・起訴されました。麻薬取締法違反の罪で起訴されたのはドイツ国籍のヒルミャー・カイ被告です。調べによりますとヒルミャー被告は先月オランダから関西空港に入国する際、合成麻薬MDMAをおよそ1万錠スーツケースに隠し持っていたということです。押収されたMDMAは末端価格およそ4000万円相当でことし摘発された量としては最多だということです。MDMAの摘発は去年から急増していて
ことしは上半期だけで去年を超える2万7千錠が押収されています。

大阪・関西のニュース