やさしいニュース

モルヒネ過剰投与で女性死亡

寝屋川市の大阪府結核予防会大阪病院で、ことし10月末期の肺ガンで入院していた
70歳の女性が痛み止めのモルヒネを過剰に投与されその後死亡していたことが
わかりました。

病院は死亡との因果関係を否定していますが、警察は過剰投与による急性中毒の疑いもあるとみて
業務上過失致死も視野に詳しい経緯を調べています。

 

大阪・関西のニュース