やさしいニュース

特定抗争指定の暴力団は・・

今回の特定抗争指定について大阪府警担当の川村記者の解説です、川村さん。

特定抗争指定に合わせ警戒区域とされたのがこちらです。
両組織の本部がある神戸市や。重要な資金源となる繁華街のキタやミナミなどがある大阪市など

10都市にわたります。

このエリアにある組事務所は使用できず、事務所以外であっても5人以上で集まることなどが禁止されます。

違反すれば直ちに警察が逮捕でき、活動が厳しく制限されます。

今回の措置は2012年に九州の暴力団が対立抗争指定されて以来2例目で
前回は一つの組織が解散するなど一定の効果がありました。

ただ、山口組も神戸山口組も全国各地を網羅するように組事務所があり、今回の指定で警戒区域外などに
拠点が移動する恐れがあります。

指定の内容は3カ月ごとに見直され、関係者は「今回は抗争の拡大を防ぎ住民の安全を守ることが第一。
必要に応じて警戒区域を広げるなど、対応を強めて行きたい」と話しています。
以上、中継でした。

大阪・関西のニュース