やさしいニュース

山口組と神戸山口組に特定抗争指定

相次ぐ銃撃などの抗争事件を受け、山口組と神戸山口組がきょう、特定抗争指定暴力団に指定されました。
警察が貼りに来る様子を見せて、ノイズ「これでもうここは使えないからな」「わかりました」

指定されたのは山口組と神戸山口組の2つの組織です。

去年には尼崎市で神戸山口組の幹部が自動小銃で射殺されるなど、3件の銃撃事件が発生し
抗争は激化していました。

このため大阪・兵庫など6つの府や県の公安委員会は、住民に危害が及ぶ恐れがあるとして
特定抗争指定暴力団に指定しました。
主な組事務所や幹部の自宅がある、神戸市や大阪市豊中市などが「警戒区域」となり、その地域で
組員がおおむね5人以上で集まることや、対立する組の事務所近くをうろつくことなどが禁止されます。

違反すると 警察は直ちに逮捕することができます。
警察は組織の活動を制限し抗争を防ぐことで、住民の安全を守りたいとしています。

大阪・関西のニュース