やさしいニュース

’神戸の壁’で大震災を伝える

まもなく阪神・淡路大震災の発生から25年となります。

震災を伝える取り組みが始まっています。

淡路市の北淡震災記念公園に立つ「神戸の壁」です。

神戸の壁は、神戸市長田区の市場の防火壁で地震の揺れや火災に耐えたことから
震災の教訓を伝える震災遺構として淡路島で保存されています。

おとといからライトアップが始まり、震災25年に合わせて鎮魂の祈りがささげられました。

参加者インタビュー
「こういう壁があるので、みんなに伝えるために、自分たちから発信していけたらいいと思う」

大阪・関西のニュース