やさしいニュース

感染拡大「新型コロナウイルス」大阪の対策は…

感染が拡大し中国での死者が26人となっている新型肺炎ウイルス。

発生源の中国がきょうから春節休みに入り多くの観光客が大阪を訪れています。

 

きょう午前の関西空港、上海から到着した人の中にマスク姿の中国人観光客はまばらです。

感染予防をよびかける看板に目を留める人は多くありません。

【中国観光客IV】

「(日本での感染は)あまり心配していません。上海より安全だと思います」

「日本ではあまり広がってないでしょう?マスクをしっかりしていれば大丈夫よ」

 

大阪市内では購入した大量のマスクを運ぶ中国人らしき人の姿が。

インタビューを試みるも…断られてしまいました。

 

神戸の中華街・南京町。

観光客の減少が心配されていましたが、例年通りの賑わいです。

感染を防ぐために、アルコール消毒液を各所に設置しています。

【店主】

「心配ですね。お客さまに店内に入る前に一回シュッシュ(消毒)してから入りますので」

 

大阪府と市では中国から入国した人に向け、

体調に異常がある際には医療機関を受診することを呼びかけるチラシを作製し

各所に配布しています。

ところが…

 

【ユニフォームのツルヤ 木村拓也店長】

Q.注意喚起は?

「今のところ特にないですね」

【花月堂 宮田健兒さん」

「具体的な原因が分からないので、何かの対応があればいいけど」

 

大阪中央区の道具屋筋商店街。

売り上げの大半を中国人観光客が占めるため、対応に苦慮しています。

 

【千日前道具屋筋商店街振興組合 千田忠司理事長】

「マスクでの対応ではなく普通の客として対応しているは接客する上では失礼。各お店の判断にまかしている」

 

きょう、日本国内2例目となる新型コロナウイルス感染者が確認されるなど懸念が広がっています。

【吉村大阪府知事】

「正確な情報を大阪府として早急にスピード感をもって発信する」

 

大阪府はきょう午後になり対策本部を立ち上げました。

患者が発生した場合に病院などと24時間連絡がとれる体制を構築したとしています。

大阪・関西のニュース