やさしいニュース

災害の恐ろしさを忘れない

東日本大震災などの支援活動にあたった自衛隊や企業などが記録した写真展がきょうから大阪市役所で始まりました。会場には400枚以上の写真が展示され
現場で救助にあった際の緊迫感のある写真が多く見られました。【担当者「災害を見て災害の恐ろしさ、災害に遭遇した人がどういうことをしているのか、自分の目で見ることで自分もいつかこうなる子も知れないという意識をもっていただきたい」】この写真展は今月30日まで行われています。

大阪・関西のニュース