やさしいニュース

新型肺炎で春節商戦直撃

新型コロナウイルスによる肺炎の拡大。中国政府はきょうから海外への団体旅行を禁止し、大阪でもその影響を心配する声があがっています。中国政府は新型コロナウィルスによる肺炎の発症者が中国本土でおよそ2700人に増えたと発表。うち死者は80人重症者は460人を超えるということです。この事態を受け中国政府は世界規模での感染を阻止するためきょうから海外への団体旅行を禁止しました。観光客でにぎわう大阪でも、既に影響が出始めています。【Q.どちらから?「フィリピンです・タイから来ました・韓国です」】【辻記者「例年であれば春節のこの時期中国からの観光客でにぎわうここ道頓織界隈ですが、今は少ない印象を受けます」】こちらのたこ焼き店では…【店主「今年は中国人が少ない」「今は稼ぎ時なんで痛手です」】一方で、既に日本に滞在している中国人が大量に購入しているのがマスク。【中国人客「(LINE画面見せて)「向こうはマスクがなくて困ってるので友人に送ってあげる。」店長「中国の客がマスクを大量に購入するので品薄に仕入れに奔走している」】大阪観光局ではこの春節期間中の中国からの来阪者は去年の2割増しになると予測していましたが、今はまったく見通しが立たない

状況だということです。

大阪・関西のニュース