やさしいニュース

新型肺炎 「指定感染症」大阪の備えは?

指定感染症の指定を受けて新型肺炎への大阪の備えは?

先週金曜日に新型コロナウイルスの対策本部を立ち上げた大阪府。

府内の保健所や医療機関などと24時間体制で情報共有を行っていて、さらにあすから専門の相談窓口を設置します。

一方、指定感染症に指定されたことで府内で入院できる施設は大阪市立総合医療センターなど感染症病棟がある6つの施設に限られました。

「国内で感染が広がらないように府民に適切な行動をとってもらうように情報発信していく」
「100万人が昼間市外から入って来る。対策本部に従って対応する」

大阪府ではこのあと午後5時から2回目の対策会議を開き、感染者が出た時の対応

などを協議します。

大阪・関西のニュース