やさしいニュース

感染拡大を防ぐには、専門の病院の対応

新型コロナウイルスを巡っては、横浜港に停泊しているクルーズ船など閉鎖的な空間で感染が広がっています。

感染者を増やさないために専門の病院ではどのような対応をとっているのでしょうか?
新型ウイルスに感染した人の治療ができる りんくう総合医療センターです。

「ここで入院する」

こちらは感染した疑いのある人を検査する部屋。ベッドのほかにトイレも用意され外に出る必要が
ないようにしています。

さらに感染を防ぐある秘密が。

「陰圧して外にださない」

こちらは部屋の気圧を調整できる陰圧室。

部屋の気圧を低くすることで、部屋の空気が外に逃げないようにして空気感染を防いでいます。

さらに症状が重い患者の治療には、医者はマスクだけでなく 特別な防護服を着用し、食事などやり取りも
二重窓を使って間接的に行います。

「窓が開く」

患者と家族がコミュニケーションをとれる工夫もされています。

 

大阪・関西のニュース