やさしいニュース

時短営業で対立 法廷で決着へ

コンビニの営業時間の短縮をめぐって元オーナーと本部が法廷で全面対決です。

訴えを起こしたのはセブンイレブン東大阪南上小阪店の元オーナー・松本実敏さんです。

松本さんが去年の2月から人手不足を理由に営業時間を短縮したところ、本部は去年12月、客からのクレームが多いなどとして加盟店契約を解除しました。

松本さんは契約の解除はクレームを鵜呑みにした一方的なものだとして、営業の再開や損害賠償を求めてきょう提訴に踏み切りました。
【元オーナー松本実敏さん=対等な話が出来るようにしたい。同じような立場に立たされているオーナーのためにも頑張っていきたい】
一方 本部側は店の明け渡しと損害賠償を求め、先月末に

松本さんを訴えています。

大阪・関西のニュース