やさしいニュース

オンラインの利用が広がる

新型コロナウイルスの影響でオンラインの利用が広がっています。坂井記者リポート「わたし、今テレビ大阪の報道部にいるんですが実はここで記者会見が見られるんです。」きょう、行われたネクスコ西日本の社長定例会見。普段は会議室に多くの人が集まり記者会見をしていますが新型コロナウイルスの感染を防ぐために密室で人が集まる環境を避け会見をインターネットで配信しています。ネクスコ西日本はしばらくはこの形で会見を行う方針です。一方、こんな事もオンラインで。大倉ディレクターリポート「こちらでは新卒者むけの会社説明会が開かれているのですが、中を覗くと学生は一人もいません」こちらは関西の
IT企業10社が参加した合同会社説明会ですが学生はおろか企業の採用担当者の姿もほとんどありません。新型コロナウイルスの感染拡大を受けてオンライン上でテレビ会議が出来る「ズーム」というソフトを使い会社説明会が開かれました。参加する学生は自宅などで映像を見ながらメッセージ機能を使って質問をすることが出来ます。

当初は 人の密集を避けるために考えたオンライン説明会でしたが企業と学生 両方にメリットがありました。

【企業担当者】「企業は自宅で採用活動ができる。学生は地方の子でも交通費をかけずに参加できる。」「今の状況ではこの方法がベストだと思う。」

VTRに出てきたZOOMという会議用のソフトですが、急激に利用者が増えています。こちら、奈良・御所市の大正中学校では新型コロナウィルスで 臨時休校になったあと3年生は高校入試直前まで1・2年生はきのうまでZOOMを使って学習指導をおこなっていたそうです。新潟ではイベントの中止をうけて
インターネット上の飲み会がひらかれたそうです。オンラインは、今様々な場面での活用が広がっています。

大阪・関西のニュース