やさしいニュース

元看護助手の再審で検察立証せず無罪へ

患者を殺害したとされた元看護助手の再審公判で検察側は新たな有罪立証をせず無罪となる可能性が高くなりました。16年前、滋賀県東近江市の湖東記念病院で患者の人工呼吸器を外し殺害したとして殺人罪で服役後再審開始が決まった
元看護助手西山美香さんについて検察側は新たな証拠による有罪の立証をしない方針を示しました。これは弁護団が明らかにしたもので、きょうの会見で「事実上無罪は確実になったのでは」と説明しました。【会見 西山さん「両親は安心して
普通の老後生活を送れる」】再審開始は「患者が自然死した可能性がある」と大阪高裁が決定し、今年3月に最高裁で確定していました。

大阪・関西のニュース