やさしいニュース

自動運転で効率化、スマート農業

農業の働き方改革となるのでしょうか?

京都・亀岡市で開かれた農業機械の実演会。

トラクターの操縦席には誰も乗っていません。

こちらは農業機械大手のクボタが開発した無人トラクタです。

操作はリモコンとタブレットで行います。

リモコンスイッチON!

衛星からの位置情報を使い、正確に耕します。

車体のカメラの映像を離れた場所で確認したり、スピードを下げるなどの
細かい指示を出すことができます。

また、こちらは稲を収穫するコンバインです。

コメのうまさを決めるたんぱく質や水分量を測定できるセンサーを内臓していて、
収穫したコメの品質管理が簡単に行えると言います。

【クボタ担当者インタビュー】

 

大阪・関西のニュース