やさしいニュース

個室ビデオ店放火殺人、再び再審請求

16人が亡くなった難波の個室ビデオ店放火事件の死刑囚が、再審=裁判のやり直しを
請求したことがわかりました。

2度目の再審を請求した 小川和弘死刑囚は、2008年に大阪市浪速区の個室ビデオ店で
放火し16人を殺害したとして殺人などの罪で2014年に死刑判決が確定しました。

再審請求を巡っては今年6月に日本弁護士連合会が支援の決定を発表。

火元について現場を専門家が調べたところ、小川死刑囚が出火当時に居た部屋とは別の部屋が
火元だった可能性があるとの意見書が作られたということです。
大阪地裁に2度目の再審を請求した小川死刑囚の弁護団は、
この意見書が無罪を示す新たな証拠だと主張しています。

大阪・関西のニュース