やさしいニュース

色鮮やか!アフリカ現代アート

大阪市内で開かれているのは東アフリカ・タンザニアの現代アートの展覧会。

タンザニアの現代アートは1960年代後半に建物を建てたときに余ったべニア板に建築用のペンキを使って描いたのが始まりとされ
サバンナの動物や人々の暮らしなどが色鮮やかに表現されているのが特徴です。

展覧会ではタンザニアのコーヒーや雑貨の販売も行われ、今月17日まで開催されます。

主催者「こうゆう原色を使った絵は大阪の人との親和性も高いのでぜひみてほしい。」

大阪・関西のニュース