やさしいニュース

全国屈指の進学校で体罰明るみに

奈良市の高校で19人の生徒が男性教諭から体罰を受けていたことがわかりました。

 

【辻記者リポート】

「教諭による体罰が行われていたのは、こちらの全国でも有数の進学校です。」

 

生徒への体罰が明らかになったのは、奈良市の東大寺学園高校で、

ことし7月、北海道での修学旅行の際

40代の男性教諭が就寝時間を守らなかったとして

2年生の男子生徒19人の頬を平手打ちしたり

足を蹴るなどの体罰を加えたということです。

体罰は保護者数人から学校側に伝えられて発覚しました。

 

【東大寺学園森宏志校長】

「こういった体罰はあってはならないものと思い続けてきたが

(教師に)甘えがあったと強く思います」

大阪・関西のニュース