やさしいニュース

大阪でアポ電詐欺減少へ

高齢者の女性が多く狙われる特殊詐欺。

大阪での被害が減少傾向にあることがわかりました。

 

大阪府警によりますと息子や警察官などを騙る犯人グループからの電話

いわゆるアポ電の件数が、今月に入って一年前の3分の1のペース激減していることがわかりました。

被害金額も去年に比べておよそ10億4000万円減少しています。

背景には、警察によるATMへの重点警戒や

特殊詐欺に関与しているとみられる半グレグループのリーダー格が

相次いで逮捕されていることなどがあると見られています。

 

一方で、去年から増えているのが

マレーシア人グループによる偽造クレジットカードを使った詐欺事件です。

大阪府警は偽造カードを使い化粧品を騙し取った疑いで

今月もマレーシア人の男ら2人を逮捕しました。

男らの拠点からは偽造用の機械のほか

およそ1600枚のカードなどが押収されていて

警察が警戒を強めています。

大阪・関西のニュース