ザ・フィッシング > 過去の放送一覧 > 2005年7月2日放送

2005年7月2日
 
 
今年のアユはソリッド穂先で釣る
〜 三重県名張市 〜


 ある化粧品メーカーに勤める川口愛さん。女性では珍しいアユ釣り師である。川口さんの師匠は鮎釣り界の帝王・村田満。アユを始めて3年目、今まで教わってきたことを夢中で実践してきたが、最近どうも伸び悩んでいるという。「釣れてオトリが回転している時はいいけど、しばらく掛からなくなるとオトリが弱ってどうにもならない…」「泳がせは大丈夫だけど引き釣りはどうも苦手で…」

 尾崎孝雄。鮎釣り歴20年を数え、マスターズ優勝など数々の実績を残すエキスパートである。尾崎は村田の一番弟子、つまり尾崎にとって川口さんは妹弟子にあたる。

 そんな二人が竿を出す。二人が使うのはしなやかで良く曲がる「ソリッド穂先」の竿。オトリが安定して泳ぎ、弱り難いという。場所は名張川。昨年良く釣れたと評判が高い川である。

 しかしロケ当日は野アユの追いが弱く、コンディションは必ずしも良いとはいえなかった。まさに川口さんの悩み“そのもの”というべき状況。そんな中、尾崎のアドバイスを受けながら「ソリッド」で釣っていく。

 ソリッド穂先はどんな時に良いのか、どう使えば効果的か、初〜中級者の方には是非見て欲しい。

● 出演者: 尾崎 孝雄(おざき たかお)
川口 愛(かわぐち あい)

● 取材地連絡先: 名張川漁業協同組合
0595-64-7722

● タックル: 図をクリックすると拡大版が表示されます。

----- 尾崎 使用タックル -----
ロッド 銀影競技スペシャル Aライト90SZ
中間糸 スペクトロン 0.2号
水中糸 メタセンサーエムステージ 0.05号
ハリ ミニマム 6.5号 4本イカリ
目印 ブライト目印R4個
ハナカン 快適ハナカン5.0
ハリ スペクトロン ダブルテーパーハリス 0.6号
タックル図
拡大図はこちら
----- 川口 使用タックル -----
ロッド 銀影オートクルーズ SF早瀬抜 90 SD
天上糸 スペクトロンテーパー 天上糸KR
付け糸 フロロカーボン 0.4号
水中糸 メタセンサー エム ステージ 0.05号
中ハリス タフロン鮎 中ハリス 1号
サカサバリ D-MAX 鮎サカサ針-R
ハリ 4本イカリ 6.5号
目印 ブライト 編み込み目印4個
ハナカン 5.5mm
タックル図
拡大図はこちら