次回の放送 2017年9月23日 夕方5:30〜6:00

スリリングなファイトを楽しもう!伊勢湾ベイジギング

極細のPEラインを使ったライトタックルで
ベイエリア(港湾部)の魚をジギングで狙う、ベイジギング。

今回は伊勢湾を舞台にマダイ、
サワラやハマチなどの青物を狙う。

アングラーは、伊勢湾を中心に
ジギングを楽しんでいる愛知県在住の清水一成と、
同じく伊勢湾をホームとしている三重県在住、住澤直樹。

午前5時30分、愛知県知柄港を出船。
走ること約1時間ポイントに到着。
まず2人は、140g〜160gの重めのメタルジグを選択。

ジグをボトムまで落とし、
ワンピッチジャークで中層まで巻き上げまた落とす。
基本パターンの一つだ。

しかし、反応はない。
住澤はジグを、清水はジャークを変えながら
ヒットパターンを探っていく。
すると、清水にアタリが。
釣れたのはマダイ。

底付近をワンピッチジャークでシャクっている時に食ってきた。
さらに、清水にヒット。
今度はサワラだ。
海面まで姿が見えた所で痛恨のバラシ。
フッキングが甘くハリが外れてしまった。

「ちくしょう〜残念」と悔しがる清水。
その後、アタリは無く初日は確実なベイトパターンを掴めず終了。

2日目。
午前6時30分、釣行開始。

すると、いきなり清水と住澤にヒット。
一投目からタチウオをキャッチ。

「朝から反応がいいですね」と清水。
しかし、その後アタリが遠のいてしまう。

釣り開始してから約4時間、住澤の竿にアタリが。
釣れたのはブリの幼魚"ハマチ"。
「段々と(魚の)スイッチ入ってきた」と住澤。
このヒットを皮切りに、パターンを掴んだ2人はヒットを連発!

ライトタックルで楽しむスリリングなファイト。
ベイジギングの魅力が詰まった30分。
どうぞお楽しみに!

出演者

DATA

場所/ポイント 愛知県・伊良湖水道
取材地連絡先 隆盛丸