次回の放送 2017年5月27日 夕方5:30〜6:00

関西アーバンサイドのチニングゲーム!

今回は関西アーバンサイドのチニングを紹介。
チニングとは、チヌやキチヌ(キビレ)を
ターゲットにしたルアーゲームだ。

都心部の河川や港湾部など、
身近なフィールドでも楽しめる釣りとして人気だ。

アングラーは、チニングのエキスパート、
徳島在住の中山聡と大阪在住の若きアングラー松田拓也。

まずは大阪・淀川の河口からスタート。
中山はクランク、松田はポッパーを選択。

トップ(表層)と中層それぞれことなる水深を攻めチヌの居場所を探る。
ポツポツと小さなアタリはあるものの食ってくる気配が無い。

二人はポイントを移動。
兵庫県尼崎市にある武庫川にやってきた。
ここでもアタリはあるが、フッキングには至らない。

やがて、日が沈み辺りが薄暗くなってきた。
中山は「これからが本番。これぞチニングって感じ」。

松田も「夜は長い。まだまだ始まったばかり」と、
暗くなるにつれ二人のボルテージは上る。

ここで中山はルアーをワームに変更。
ボトムを丁寧に探る。
するとヒット。
釣り上げたのは本命のキチヌ(キビレ)。
約40センチのグッドサイズ。
「いいヒキ。気持ちいい」と、この日初めてのチヌを堪能した中山。

その後、中山は約40センチを1尾追加。
松田も同じく約40センチのキチヌをキャッチ。

中山曰く
「アーバンサイドで手軽に楽しめる。これがチニングの醍醐味」

様々なルアーを使い状況に合わせて考えて釣る。
こうしたゲーム性が街中でも手軽に楽しめる。

関西アーバンサイドのチニング。
どうぞお楽しみに!

タックル

出演者

DATA

場所/ポイント 大阪府大阪市・淀川 / 兵庫県尼崎市・武庫川 / 姫路市・中川
大阪府大阪市・淀川 / 兵庫県尼崎市・武庫川 / 姫路市・中川
取材地連絡先 なし