ザ・フィッシング > 過去の放送一覧 > 2005年12月24日放送

2005年12月24日
 
 
昼夜ぶっ通しで熱中!メバル釣り
〜 長崎県松浦市青島 〜


 昨今のロックフィッシュブームと相まって、以前にも増して人気の高いルアーのメバルゲーム。手軽に遊べる一方で、突き詰めれば奥の深いターゲットだ。そして誰もが口を揃えて言うこの釣りの魅力、それが軽快なアタリ。プルプルッと竿先が小刻みに震える感覚は、何度味わっても飽きることがない。

 今回は、佐賀県と長崎県の県境・伊万里湾に浮かぶ青島でメバル釣行。アングラーは海のルアーフィッシングのパイオニア村越正海とメバル釣りエキスパート辻原伸弥。本格シーズンにはちょっと早い11月下旬、2人は型を見たいとはるばる青島へやって来た。午後2時、港周りで実釣スタート。堤防の際をくと、それらしき魚の姿が見える。ジグヘッドを小刻みに動かし、しばらくサイトフィッシングを楽しむ。

 日が暮れるとそこからがメバル釣りの本番。街灯の光に集まった小魚を狙ってメバルも集まるので、ポイントを絞りやすくなるからだ。が、この日はどうしたことかアジが入れ食い。本命のメバルは活性が今ひとつ。2人は、ポイントを転々とし、時にはカサゴ釣りも楽しみながら、手変え品変えメバル攻略のヒントを探る。そして気がつけば夜明け前。眠気が襲い始めた頃、クライマックスがやって来た。良型のメバルが続けてヒット。2人は一晩ねばった甲斐があったと笑顔で朝を迎えた。

 冬から春にかけて盛り上がる、人気のメバルゲームをお送りする。

● 出演者: 村越 正海(むらこし せいかい)
辻原 伸弥(つじはら しんや)

● タックル: 図をクリックすると拡大版が表示されます。

----- 村越 使用タックル -----
ロッド ソルティスト ロックフィッシュ・モデル
ST-RF 712X-T
リール EXIST2004
ライン 月下美人ライン 彩 3.5lb,
ジグヘッド SWロックフィッシュジグヘッド各種
ルアー 月下美人ビームスティック
月下美人カーリービーム
月下美人 澪示威5S
タックル図
拡大図はこちら
----- 辻原 使用タックル -----
ロッド ソルティスト エクストリーム
ロックフィッシュ・モデル
STX-RF 76-SVF 熟
リール ソルティスト月下美人2004
ライン 月下美人ライン 彩 3.5lb,
ジグヘッド SWロックフィッシュジグヘッド各種
ルアー 月下美人ビームスティック
月下美人カーリービーム
月下美人 澪示威5S
月下美人プリズナー
タックル図
拡大図はこちら
水野裕子・女の釣り道〜ヒラメ編〜
〜 静岡県・伊東沖 〜
 難しいけど面白い。番組出演3年目に入った水野裕子がそんなターゲットに挑む新企画。今回は“難しいけど面白い”代表格、ヒラメを狙う。「ヒラメは色々勉強やイメージトレーニングをしたけど全く釣れる気がしない…」という裕子。果たして結果は?

 向かったのは静岡県伊東港。今回は加納丸の加納隆船長に弟子入りし、がんばる。

 午前6時、釣り方などを加納船長から教えてもらう。ポイントは、まずはエサのつけ方。エサには生きたイワシを使うため、弱らないよう上手くつけることが大切。そしてタナを上手く取ること。

 そして何よりも食い込みを待つ、ということ。ヒラメはアタリがあったからといってすぐにアワセてはいけない。昔から「ヒラメ40(秒)」といい、アタリがあっても、そのまま40秒しっかり食い込むのを待たなければバラしてしまう、といわれる。今はそれほど時間をかけなくなったが、やはり待つことは重要。せっかちな裕子、待てるか?

 いよいよ出船。仕掛けやエサのつけ方を教えてもらい、自分でセッティング。そして釣りスタート。

 なかなかアタリは来ない。それもそのはず、相手は高級魚ヒラメ。おいそれとアタリが来るはずない。初心者ならアタリを取るだけでも簡単ではないし、1尾釣れれば上等といわれている。

 「あれ、これアタリかな?」と裕子。やはり初めてではよく分からない。「一度あげてみましょう」と船長。あげてみるとイワシがかじられていた。ヒラメのようだ。くやしがる裕子。しかしあまり活性は高くないようだ。再び待つこと数十分。アタリらしき感触が。「あっ」思わずアワセてしまいそうになる。「待てない〜」と裕子。手ごたえを感じながらあげてみるが、途中で軽くなった。魚が離したようだ。悔しい。

 その後またアタリすらない時間が延々と続く。「来た」。手ごたえを感じつつ巻き上げる。もう少し、という所でバレた。いっそう悔しい。

 再びアタリの無い時間が続く。そして港に戻らなくてはいけない時間になった。まだ1尾も釣れていない裕子。加納船長が「あと1ポイント(1箇所)だけ行きましょう」と。これでもう時間がなくなる。これまで番組では釣果ゼロはなかった裕子。いよいよ記録が途切れるか?

 そして最後の1投となった。船長も緊張の面持ちだ。「来たー」。裕子の竿がしなる。少し早めにアワセた。上手くかかった。慎重にあげる。そして現れたのは立派なヒラメ。サイズは堂々1.8kg、56cm。「よかったー」と叫ぶ裕子。その目には涙。丸2年でこれだけ苦しみ、これだけ嬉しかったのは初めてだ。それが涙となった。
 裕子の感涙のヒラメ。どうぞお楽しみに。
水野裕子のフィッシングロケ日記 2005年12月放送分
 静岡県の伊東に来ました。

 今回は「女の釣り道」という新企画です。

 今まで割と楽しく釣りをしてきましたけれども、ここらでビシッと釣りの奥深さや難しさを体験しようと思い、というと聞こえはいいのですが、「けっこう順調に釣れている水野に、たまには釣れない釣りをさせようじゃないか」というスタッフの皆さんの企みで、なんとヒラメ釣りをすることになりました。

 ヒラメは一番難しいと思って、本当に、本気で避けていました。プロデューサーのN木さんになんとなしの会話中に「裕ちゃん、これから何釣りたい?」といわれた時に、「ヒラメは釣れない気がするのでイヤです」といったのが、こうなったようでございます。

 本当に釣れないと思ってました。釣れない予感がするくらいのことはあるのですが、自分にはできないと思うのは初めてでした。性格的に向いていない、技術的に足りないとか色々要素がありまして。

 今回は加納船長を「師匠」と呼ばせていただきました。エサのつけ方や、タナの取り方とか、私も一応一通り、本で勉強してきたのですが、実践的な釣り方を教えていただいたと思います。

 苦手意識が強かったので、割としっかり予習をしてました。もしかしたらその知識がアダとなって4回もアタリを逃してしったのかもしれません。すぐそこまであげておきながら、バラしたものあり、それは初めての経験で、はがゆくて、もどかしくて、悔しくてもう本当にダメだろうと思いました。けれども。けれども無事釣り上げることが出来ましたー。

 「ザ・フィッシング」に出演するようになって2年が経ちましたが、釣って涙を流すほど喜んだのは初めてです。これ必見です!どれだけ嬉しかったのかということと、その喜びを感じるに至った悔しさを、ぜひ画面から感じ取っていただければと思います。

 ヒラメ釣りは難しい、でも逆にその難しさが面白さでした。やっぱり難しいことから逃げるのはよくないな、チャレンジすることが水野裕子らしさかなと思いました、自分でいうのもなんですが。

 本当に嬉しかったです。人生の釣りメモリーを塗りかえました。これからも難しいといわれる釣り、大変だといわれる釣りにぜひチャレンジしていきたいと思います。それはこの「女の釣り道」企画で、厳しい師匠のもと、やってみたいと思います。いい経験になりました。一皮むけました。これで2006年も楽しく釣りが出来そうです!1.8kg、56cm〜!